紫外線の対策方法

紫外線が、どれほど有害であるか。紫外線はガンやシミ、シワの原因になるのでほんのチョッピリでも浴びない方がいい…。日本人の多くがそう思い込んでいますが、まったく浴びないでいいのか…といえば、それは大きな間違いなのです。適度な量の紫外線は、私たちの身体機能に様々な影響を及ぼし、健康を維持する上でなくてはならないものです。

しかし、国内で観測した紫外線の量は1990年以降、長期的に増加傾向にあり、様々な原因から、紫外線が強くなっているといえ、紫外線の浴びすぎがさけばれています。なんとなくはっきりしない曇りの日にも、紫外線は晴れの時の約6割も降り注いでいます。さて、紫外線はどうしてお肌に悪いのでしょうか。

一つの原因には、やはり乾燥があります。紫外線を浴びることにより、お肌の水分が奪われ、つややはりを失い、シワを出来やすくします。もう一ついえるのは、紫外線は、異物から身体を守るメカニズム、つまり免疫力を低下させてしまうのです。強い紫外線に長時間さらされる海遊びやプール遊びをすると、どっと疲れたり、風邪を引きやすくなったりしませんか?それは、あなたの免疫が紫外線の影響で、低下しているからなのかもしれません。

そして、紫外線は、しみやそばかすの原因になるメラニンを生成するのです。多方面から、紫外線のダメージがありますね。美容の基本は健康から。健康のためにも、紫外線対策は必要です。紫外線対策としては、日焼け止めや日傘を使用したり、UVカット加工のされた服を着ることも一つの手段です。あとは、目から入ってきた紫外線も日焼けの原因になりますし、なによりも眼に悪いので、サングラスをかけたほうがいいですね。

バイオコスメのビーグレンの美白が気になります。一度は、試してみたいと思っています。無添加のミネラルファンデーション「オンリーミネラルは、ニキビの方やアレルギーの方でも使えるすぐれものと言われています。どろあわわ石けんの泡が凄いです。この泡には驚きます。

 

Comments are closed.